2022-10-02 22:16TOPICS

オリックス、最終戦で逆転V=最大11.5差から―プロ野球パ・リーグ

パ・リーグ優勝が決まり、胴上げされるオリックスの中嶋監督(上)=2日、楽天生命パーク
パ・リーグ優勝が決まり、胴上げされるオリックスの中嶋監督(上)=2日、楽天生命パーク

 プロ野球のオリックスが2日、混戦のパ・リーグを制した。楽天戦に5―2で勝ち、優勝マジックを「1」としていたソフトバンクがロッテに敗れたため、逆転で2年連続14度目の優勝が決まった。優勝の可能性を残した2チームが、同じ日に最終戦を迎えたのは1994年10月8日の巨人と中日以来。
 オリックスとソフトバンクは76勝65敗2分けで並んだため、直接対決で勝ち越したオリックス(15勝10敗)が優勝となった。
 新型コロナウイルス感染の広がりや主力の不調もあり、5月には首位と最大11.5ゲーム差をつけられたが、投手陣の奮闘などで白星を積み重ね、上位との差を詰めた。9月に優勝マジックがソフトバンクに点灯。オリックスは諦めずに粘り強く戦い、最後に逆転した。 

優勝を決め、喜ぶ福田(上)らオリックスナイン=2日、楽天生命パーク
優勝を決め、喜ぶ福田(上)らオリックスナイン=2日、楽天生命パーク

最新動画

最新ニュース

写真特集