2022-10-01 09:18TOPICS

日本とインドネシア国旗がモチーフ=大使館公用EVをラッピング

インドネシアの首都ジャカルタ市内を走る日本大使館のEV車(手前)=9月29日
インドネシアの首都ジャカルタ市内を走る日本大使館のEV車(手前)=9月29日

 【ジャカルタ時事】日の丸と赤白2色のインドネシア国旗をモチーフにした電気自動車(EV)がジャカルタ市内を疾走し、注目を集めている。在インドネシア日本大使館が4月に他の日本大使館に先駆けて導入した公用EVをラッピングしたもので、インドネシア語で記された「日本の電気自動車」との表示も前後左右から確認できる。
 デザインを担当したのは、大崎泰宣一等書記官で、主にこの公用車を使用する田村政美次席公使から事実上「重大任務」を託された。腕に覚えがあるわけではないが、パソコンで四苦八苦しながらデザインを描き上げたという。
 車は日産自動車の「リーフ」だが、日本と現地の合弁会社アストラ・ダイハツモーターのデザイナーが仕上げを担当した。原案では真ん中にあった赤い丸を少しずらしたほか、赤色の割合を減らすなどして、スタイリッシュなものに生まれ変わった。
 11月には、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれるインドネシア。田村次席公使は「サミットでは脱炭素化も議題になる。車先進国、日本として少しでもアピールできれば」と話している。 

日の丸と赤白2色のインドネシア国旗をあしらった電気自動車(EV)の横に立つ田村政美次席公使=9月29日、ジャカルタ
日の丸と赤白2色のインドネシア国旗をあしらった電気自動車(EV)の横に立つ田村政美次席公使=9月29日、ジャカルタ

最新動画

最新ニュース

写真特集