2022-09-30 20:39政治

ロシアを非難、追加制裁検討=ウクライナ大統領と電話会談―岸田首相

 岸田文雄首相は30日夜、ウクライナのゼレンスキー大統領と約30分間電話会談した。ロシアによるウクライナ東・南部4州の併合に向けた動きについて「ウクライナの主権と領土の一体性を侵害するものであり、国際法違反だ。決して認めてはならず強く非難する」と伝えた。
 会談後、首相は首相公邸で記者団に「先進7カ国(G7)と連携し、さらなる(対ロ)制裁を検討していきたい」と語った。
 大統領に対し、首相は「ロシアによる侵略を一刻も早くやめさせるため、G7などで結束して取り組む」と強調。対ロ制裁とウクライナ支援を継続する方針を伝達し、「来年のG7議長国として、国際社会の議論をリードしていく」と表明した。大統領は日本の姿勢や支援に謝意を示した。
 首相は、在キーウ(キエフ)日本大使館の再開に向けた検討状況についても説明した。記者団には「再開は両国間の緊密な意思疎通にとって重要だ」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集