2022-09-30 11:45World eye

米国の同盟相手は「北朝鮮」 ハリス副大統領、韓国で言い間違え

【ソウルAFP=時事】韓国を訪問したカマラ・ハリス米副大統領は29日、「韓国」と言うべきところを「北朝鮮」と言い間違え、米国は北朝鮮と重要な同盟関係にあると述べた。≪写真は韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店で非武装地帯(DMZ≫を視察するハリス氏)
 ハリス氏は日韓歴訪の最後に朝鮮半島を南北に隔てる非武装地帯(DMZ)を視察。その際の演説の冒頭で「米国は、北朝鮮との同盟という非常に重要な関係を共有している。強固で揺るぎない同盟だ」と述べた。
 ハリス氏は米国の外交政策を覆す失言に気づかなかったようで、そのまま演説を続けた。その後の演説では核武装した北朝鮮に対峙(たいじ)する韓国との同盟関係を再確認した。
 韓国軍は、北朝鮮が29日に弾道ミサイル2発を発射したと発表した。ハリス氏が韓国をたった数時間後の発射で、1週間足らずで3度目となった。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集