2022-09-29 15:35経済/写真

「産後パパ育休」開始=最低賃金大幅引き上げ―10月こう変わる

10月からの主な制度
10月からの主な制度

 男性の育児休業取得を促す「産後パパ育休」が10月1日にスタートする。子どもが生まれて8週間以内に、男性が従来の育休とは別に最長4週間の休みを取れる制度。休みを2回に分けていったん仕事に復帰することもできる。現在の育休制度は男女とも2回に分けて取れるように変更され、子育て世帯の働き方に自由度が増す。
 10月には最低賃金も引き上げられる。金額と実施日は都道府県ごとに異なるが、全国平均で時給は31円上がり、961円になる。物価高騰を受け、上げ幅は過去最大だ。
 地方銀行は相次いで経営体制を変更する。愛知、中京両行は合併に向けて共同持ち株会社あいちフィナンシャルグループを3日に設立。静岡、中国、伊予の各行はそれぞれ持ち株会社制に移る。
 このほか、手軽で手数料の安い新たな送金サービス「ことら送金」が11日に始まる。スマートフォンのアプリに携帯電話番号やメールアドレスを入力すれば、大手銀や地銀などの口座間で10万円以下の小口送金ができる。
 また、偽ブランドのバッグや衣類、時計などを海外事業者から輸入した場合、個人で使う目的でも1日以降は税関で没収の対象になる。 

最新動画

最新ニュース

写真特集