2022-09-28 19:21社会

小3女児殺害、二審も無期=弁護側の控訴棄却―広島高裁岡山支部

 岡山県津山市で2004年9月、小学3年の女児=当時(9)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた勝田州彦被告(43)の控訴審判決が28日、広島高裁岡山支部であった。片山隆夫裁判長(柴田厚司裁判長代読)は無期懲役とした一審岡山地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。
 片山裁判長は「原判決の判断に論理則、経験則などに反する不合理な点はない」とした。
 判決後、女児の遺族は代理人弁護士を通じ、「地裁でも高裁でも有罪の判決が出たのだから、被告人には罪を認めて本当のことを話してもらいたい。事件から長い時間がたっており、早く裁判が終わってほしい」とコメントを出した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集