2022-09-28 16:14スポーツ

大谷、痛烈な二塁打=米大リーグ

 エンゼルスの大谷が鋭い打球で自己最長となる12試合連続安打をマークした。一回2死から約154キロの速球を捉え、フェンス直撃の左中間二塁打。惜しくも本塁打とならなかったが、本拠地を沸かせた。
 打球速度は約176キロで、この試合で最速。ネビン監督代行は「ロケットのようだった。シーズンを通じて、いい打撃が続いている。ファンと同じように、彼のプレーを見るのが楽しい」と振り返った。三回の左前打で2試合連続の複数安打とし、シーズン終盤で打撃好調だ。(アナハイム時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集