2022-09-28 00:25スポーツ

サッカー日本代表戦・談話

 ◇落ち着いて対応した
 日本・森保監督 ボールは握られたが、選手は落ち着いて対応していた。後手に回る部分もある程度は想定内。粘り強く戦い、自分たちが攻めるチャンスをうかがってくれた。
 ◇トライ続けた
 エクアドル・アルファロ監督 組織的な日本に勝つためのトライを続けてくれた。サイドから有効な攻撃の形をつくれたことは収穫。ゴール前の精度は足りなかったが、W杯までに向上できる。
 ◇全体で押し込まないと
 日本・三笘 低い位置からのドリブルが多かった。高い位置からチーム全体で押し込んで、何回も攻撃できる形をつくらないと厳しい。(時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集