2022-09-26 18:45社会

強制不妊、新たに6人提訴=仙台、東京、名古屋3地裁

 旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、脳性まひなどの障害がある60~70代の男女計6人が26日、国に計約1億5870万円を求める訴訟を仙台、東京、名古屋の3地裁に起こした。弁護団によると、強制不妊をめぐる原告は計30人となった。大分県でも10月に1人が提訴する予定。
 訴状などによると、原告は1人当たり1320万~3300万円を請求している。
 東京都日野市の西スミ子さん(75)は、脳性まひで自力歩行ができなかった14歳ごろ、同意がないまま不妊手術を受けさせられた。宮城県の知的障害のある千葉利二さん(72)ら3人と、名古屋市の聴覚障害のある夫婦のうち妻も10~20代で手術を強制され「個人の尊厳や自己決定権を侵害され憲法違反だ」などと訴えた。
 また、2019年成立の救済法に基づき支給された一時金320万円では不十分だとしている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集