2022-09-24 07:28スポーツ

サッカー日本代表・談話

 ◇個を生かす中盤に
 日本・森保監督 4―5―1の布陣で、どうやって個の良さを生かしていくかということで中盤を構成した。2列目の選手もポジションを入れ替えながら、攻撃の起点になってくれた。
 ◇日本を褒めるべきだ
 米国・バーホールター監督 90分を通して全く得点チャンスをつくれなかった。日本を褒めるべきだ。チームにとってはいい経験で、今後改善していきたい。
 ◇ミス取り返せた
 日本・三笘 チャンスは2、3個あり、そこのミスをゴールで取り返せたのはよかった。1―0の状況をうまく使い、攻撃にアクセントを出せればいいと思っていた。
 ◇きょうはできた
 日本・吉田 結果が重要というよりは、取り組んできたことを固められるかが大事で、きょうはそこがすごくできた。
 ◇守備多かったが
 日本・久保 周りの選手より守備のタスク(仕事)が多かったが、それはチームの決まり事から発生したこと。要所ではカウンターの起点になれた。(時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集