2022-09-24 05:56国際

「偽の投票」、効力なし=ウクライナ東・南部の編入認めず―G7首脳

 【ベルリン時事】先進7カ国(G7)首脳は23日の共同声明で、ウクライナ東部・南部4州の親ロシア派支配地域で同日始まったロシアへの編入を問う「住民投票」について、「偽の投票」であり、法的効力はないと強調した。また、これに基づく編入は決して認めないと強く非難した。
 G7は、投票について「ウクライナの領土の現状を変更するための偽の口実作り」に向けたロシアの試みだと指摘。「国連憲章や国際法への明確な違反で、国家間の法の支配と真っ向から対立するものだ」と批判し、強制的にロシアの支配下に置かれた地域のウクライナ人住民の正当な民意を代表するものではないと断言した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集