2022-09-23 23:15スポーツ

鎌田、好調アピール=サッカー日本代表

 4―5―1の布陣に戻った日本のトップ下で先発した鎌田が先制点をもたらした。前半25分、高い位置で奪ってからのカウンター。最後は守田からのパスを右足で合わせ、ネットを揺らす。直後はオフサイドと判定されたものの、VARの介入で得点が認められた。活躍するドイツの地で躍動し「場所はどこでも日本代表でのゴールは格別」と喜んだ。
 今季は移籍も取り沙汰されたが、残留したアイントラハト・フランクフルトで好調を維持。2列目やボランチをこなしリーグ戦6試合で4得点を挙げた。試合後は「得点チャンスは多かった。もう少しシュートを決められるようにならないといけない」と反省も口にした。(デュッセルドルフ時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集