2022-09-23 21:06国際

ウクライナで「戦争犯罪」=国連人権理調査委が報告

 【ジュネーブAFP時事】ロシアによるウクライナでの違法行為の疑いを調べるために国連人権理事会が設置した独立調査委員会は23日、理事会への報告で、ウクライナで民間人への爆撃や多数の殺害、拷問、性暴力など「戦争犯罪が行われたと結論付けた」と表明した。
 モーセ委員長は報告で、人口密集地域でクラスター爆弾を含む爆発物が広範囲に使用され、「甚大な被害と苦痛」を及ぼしたと指摘。民間人と軍人を区別せずに攻撃が実行されたとも批判した。
 調査委が訪れた場所では、遺体が後ろ手に組まれていたほか、頭部に銃撃を受けたり、のどを切られたりした遺体も頻繁に見られた。生存している被害者への聞き取りの結果、ロシアに連行されて数週間収容された人や、後に消息が途絶えた人もいるという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集