2022-09-22 18:13経済

8月の百貨店売上高26.1%増=夏期休暇に外出増加

 日本百貨店協会が22日発表した8月の全国百貨店売上高は総額3494億円だった。既存店ベースでは、前年同月比26.1%増と6カ月連続のプラス。新型コロナウイルス禍に伴う厳しい行動制限がなく、夏期休暇の帰省時の手土産として和洋菓子の需要が拡大。時計などの高額品も引き続き好調だった。
 一方、感染再拡大や猛暑の影響で、主要顧客の高齢者を中心に外出自粛もみられ、回復傾向は鈍化。コロナ前の2019年比では14.1%減となり、前月より5ポイント悪化した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集