2022-09-22 10:06経済/写真

米FRB、0.75%追加利上げ=3会合連続、インフレ抑制優先―23年も引き締め

米政策金利と消費者物価指数
米政策金利と消費者物価指数

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は21日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.75%引き上げることを決めた。通常の3倍となる大幅な引き上げは6月以来、3会合連続。異例の金融引き締めは景気悪化を招く恐れがあるものの、インフレ抑制を優先した。2022年末までに、追加で計1.25%引き上げる見通しも示した。
 決定は全会一致。利上げは5会合連続で、政策金利は年3.00~3.25%と、08年以来の高水準となる。次回11月の会合でも大幅利上げが確実な情勢で、3月まで事実上0%だった政策金利は1年足らずで4%台に急上昇する見込みだ。
 パウエル議長は記者会見で「インフレを大きく抑える水準まで金利を上げる必要がある」と強調した。日銀は大規模緩和を堅持する方針で、外国為替市場では日米の金利差拡大を背景とした円安・ドル高の流れが続きそうだ。
 会合参加者による22年末の政策金利見通し(中央値)は4.25~4.50%と、6月時点の3.25~3.50%から上方修正。年内にあと2回あるFOMCで計1.25%の利上げを想定した。23年末までに4.50~4.75%に引き上げた後、24年からは利下げを見込んだ。 
 22年の実質経済成長率見通しは0.2%と、6月時点の1.7%から大幅に引き下げた。失業率は上昇すると予想。利上げによる景気減速を考慮した。
 米国ではロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーや食品の価格高騰などの影響で、物価高が長引いている。パウエル氏は「痛みのないインフレ対策があれば良いが、そうしたものはない」と明言。成長鈍化と失業増加を伴っても、インフレを低下させる引き締めが必要だと訴えた。
 FRBは成長を維持しつつ、インフレを封じ込める「ソフトランディング(軟着陸)」を目指している。だが、大幅利上げで景気が急激に冷え込む恐れがあり、実現は「非常に困難」(パウエル氏)となっている。

 

 ◇FOMCとFRB議長会見のポイント
 一、3会合連続で0.75%の大幅利上げ。政策金利は年3.00~3.25%に
 一、2022年末の政策金利見通しは4.25~4.50%
 一、22年末までの残り2会合で計1.25%の利上げ想定
 一、23年も利上げ継続を予想
 一、パウエル議長「インフレを大きく抑える金利水準まで利上げ」
 一、パウエル議長「痛みを伴わないインフレ対策はない」

最新動画

最新ニュース

写真特集