2022-09-21 17:39経済

円小幅安、143円台後半=東京市場

 21日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=143円台後半に小幅下落した。米長期金利の上昇を背景に円売り・ドル買いが優勢となった。一方、ロシアによるウクライナ侵攻が激化するとの懸念から、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きも見られ、下落幅が縮小した。午後5時現在は143円74~74銭と前日比28銭の円安・ドル高。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集