2022-09-20 19:22政治

支持下落で政権危機感、野党は攻勢=岸田首相「結果が重要」

 報道各社の世論調査で岸田内閣の支持率下落が相次ぎ、政府・与党内に危機感が広がっている。岸田文雄首相は20日、首相官邸で記者団に「一喜一憂しない」としつつも、「政治の責任を果たすべく、具体的な課題に一つ一つ結果を出すことが重要だ」と述べた。これに対し、野党は一段と攻勢を強めた。
 支持率下落は、安倍晋三元首相の国葬や世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題が、最大の要因とみられる。首相は「国民の声には丁寧に耳を傾けていかなければならない。一つ一つの課題に真摯(しんし)に向き合っていきたい」とも語った。
 自民党の茂木敏充幹事長は記者会見で「結果は謙虚に受け止めなければならない」とした上で、旧統一教会の問題などを念頭に「さまざまな問題点も指摘されており、しっかり対応していく」と強調。遠藤利明総務会長は「挽回の妙薬がすぐあるわけではない。やるべきことをやっていくことに尽きる」と引き締めを図った。
 公明党の山口那津男代表は「政権として真摯(しんし)に国民の不安や不満に応えていく必要がある」との認識を示した。
 一方、立憲民主党の岡田克也幹事長は会見で、国葬や旧統一教会の問題を挙げ、「説明不足、調査不十分だ」と批判。共産党の小池晃書記局長も「(国民の間で)岸田政権はうんざりだという声が広がっているのではないか」と酷評した。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は「政府・自民党として十分な説明が行われていないことが原因だ」と指摘。さらに説明責任を果たすよう求めた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集