2022-09-20 07:00ニュースワード

命のビザ

 命のビザ 第2次大戦中の1940年、リトアニア中部カウナスで日本領事代理だった杉原千畝(1900~86年)が、ナチス・ドイツの迫害を逃れるユダヤ人避難民らに対し、外務省の訓令に背いて発給した大量の日本通過ビザ。その数は2000通を超え、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲になる恐れがあった数千人の命を救ったとされる。杉原は戦後、外務省退職を余儀なくされた。出身地の岐阜県にも杉原千畝記念館がある。(時事)

最新動画

最新ニュース

写真特集