2022-09-16 20:24社会/写真

摂取は死亡2日前か=妻、翌日に中毒症状―メタノール混入・警視庁

メタノールが混入されたとみられる当日の流れ
メタノールが混入されたとみられる当日の流れ

 東京都大田区で起きたメタノール中毒死事件で、殺人容疑で逮捕された製薬大手「第一三共」の社員吉田佳右容疑者(40)の妻容子さん(40)がメタノールを摂取したのは死亡の2日前とみられることが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁捜査1課は、吉田容疑者がメタノールを飲食物に混ぜ、摂取させた疑いがあるとみて調べる。
 捜査関係者によると、容子さんは1月14日、在宅勤務後に息子と2人で自宅で夕食を取った。翌15日朝には体調が悪くなり、ろれつが回らなくなるなどメタノール中毒に似た症状が出た。それ以降は食事をしていなかったとみられる。
 メタノールは体内に摂取されると、30分から6時間で頭痛や酩酊(めいてい)などの症状が出ることが多い。このため、摂取したのは14日だった可能性が高いという。
 吉田容疑者は14日午前7時半に出勤し、容子さんらが夕食を終えた午後9時以降に帰宅していた。16日午前7時45分ごろ、「妻の意識がない」と119番し、容子さんの様子について「15日朝から体調が悪かった。自室で嘔吐(おうと)したり、ベッドから落ちたりした」などと説明した。
 容子さんは16日午前、搬送先の病院で死亡が確認された。口から致死量のメタノールを摂取したとみられ、死因は急性メタノール中毒だった。
 吉田容疑者は14~16日ごろ、自宅で容子さんにメタノールを摂取させたとして逮捕された。夫婦は家庭内別居状態で、普段から別々に食事をしていたという。 

最新動画

最新ニュース

写真特集