2022-09-07 18:11社会

「出版」枠半額に、元理事関与か=当初数億円、1社辞退で負担増恐れ―五輪汚職

 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、出版大手KADOKAWAが契約した「出版サービス」分野のスポンサー料が、当初予定されていた数億円から半額に値引きされていたことが7日、関係者への取材で分かった。1社が辞退したことで、KADOKAWAは全額を負担することもあり得たが、負担増がなく、大会組織委員会と契約を結んだという。
 組織委元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=は、専任代理店の電通などに働き掛けて出版分野を新設させており、減額契約にも関与したとみられている。こうした口利きを背景にKADOKAWAから多額の資金が同容疑者側に支払われた可能性があり、東京地検特捜部はスポンサー選定過程を重点的に調べている。
 関係者によると、KADOKAWAは2019年4月、出版サービス分野で、下位スポンサー「オフィシャルサポーター」契約を組織委と締結。当初、この分野は計画になかったが、別の出版社が希望し、KADOKAWAも立候補した。
 同社は専務だった芳原世幸容疑者(64)=贈賄容疑で逮捕=と「2021年室」室長だった馬庭教二容疑者(63)=同=が担当。電通雑誌局長などを歴任したコンサルタント会社「コモンズ2」社長の深見和政容疑者(73)=受託収賄容疑で逮捕=を頼ったとみられている。
 旧知の深見容疑者から相談を受けた高橋容疑者が電通や組織委マーケティング局に掛け合った結果、「出版」枠が設けられた。契約額は数億円に設定され、2社で折半して負担する予定だったが、1社が辞退。最終的に半額になり、KADOKAWAは負担増がないまま契約できたという。
 同社の角川歴彦会長は5日の取材に「2社で負担しなければいけないことになっていたので、(社内で)『2分の1になって良かった』と言っていた」と語っていた。
 高橋容疑者は深見容疑者と共謀し、芳原容疑者らからスポンサー選定などで便宜供与を頼まれ、謝礼として19年7月~21年1月にKADOKAWAからコモンズ2名義の口座に計約7600万円を送金させ賄賂を受領したとして、再逮捕された。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集