2022-09-07 18:18社会

朝日、読売など6件=「統計不正」「五輪汚職」―新聞協会賞

 日本新聞協会は7日、優れた報道に贈られる2022年度新聞協会賞に、朝日新聞社の「国土交通省による基幹統計の不正をめぐる一連のスクープと関連報道」や、読売新聞東京本社の「『五輪汚職事件』を巡る一連のスクープ」など6件を選んだと発表した。
 授賞式は10月18日に山梨県富士吉田市で開かれる第75回新聞大会で行われる。
 ほかの4件は、毎日新聞社の安倍晋三元首相銃撃事件の写真報道▽中国新聞社の写真連載「太田川 恵みと営み」▽安倍政権の日ロ交渉を追った北海道新聞社の長期連載「消えた『四島返還』」を柱とする「#北方領土考」キャンペーン▽静岡新聞社の連載「残土の闇 警告・伊豆山」と一連の関連報道。
 新聞技術賞には人工知能(AI)技術を活用して輪転機を自動化する読売新聞東京本社のシステム「Auto―Pilot Printing」、新聞経営賞には愛媛新聞社が開設した小中学生向け学習サイト「愛媛新聞forスタディ」が選ばれた。
 22年度の新聞協会賞には97件、新聞技術賞には3件、新聞経営賞には4件の応募があった。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集