2022-08-18 13:54World eye

10歳少年、サメにかまれ脚切断 米フロリダ州

【ワシントンAFP=時事】米フロリダ州沖で先週、10歳の少年がシュノーケリング中にサメにかまれ、脚の一部を切断する出来事があった。少年の家族が明らかにした。≪米フロリダ州ジュピター沖を泳ぐオオメジロザメ。資料写真≫
 同州魚類・野生生物保護委員会(FWC)の発表によると、ジェムソン・リーダー・ジュニア君は13日、フロリダキーズ諸島沖で襲われた。
 おじのジョシュア・リーダーさんはフェイスブックに、ジェムソン君は両親ときょうだい3人と共にボートでサンゴ礁に向かい、シュノーケリングをしていたところ、膝から下をかまれたと投稿した。かんだのは全長2.4メートルほどのオオメジロザメだったという。
 父親がジェムソン君を助け出し、止血した。家族が乗っていたものよりもスピードが出る船を止めて乗せてもらい、陸地に向かった。到着後、ジェムソン君はヘリで病院に緊急搬送された。一命は取り留めたものの、膝から下を切断せざるを得なかった。
 ジェムソン君の家族はクラウドファンディングサイト「ギブセンドゴー」で寄付を募集しており、16日昼すぎ時点で5万ドル(約670万円)以上集まっている。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集