2022-08-17 11:07社会

柏崎原発、対テロ施設正式認可=対策不備で運転禁止中―規制委

 原子力規制委員会は17日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重)の設置計画を正式に認可した。
 柏崎刈羽原発では7号機がすでに、原子炉本体施設の審査に合格し、東電が再稼働を目指していた。しかし、侵入検知装置の故障が放置されるなどテロ対策の不備が相次いで判明し、規制委が昨年4月に事実上の運転禁止を命令。再稼働に向けた準備が進められなくなっている。
 こうした中、テロ対策に関連する特重の審査を進めることへの懸念もあったが、規制委は今年7月、「新規制基準に適合している」として認可の前提となる審査書案を了承していた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集