2022-08-17 11:42経済

6月機械受注、0.9%増=2カ月ぶりプラス―内閣府

 内閣府が17日発表した6月の機械受注統計(季節調整値)によると、企業の設備投資の先行指標となる民間需要(変動の大きい船舶・電力を除く)の受注額は前月比0.9%増の9170億円となった。プラスは2カ月ぶり。製造業の投資が小幅ながら改善した。
 基調判断は「持ち直しの動きが見られる」に据え置いた。4~6月期の民需(船舶・電力を除く)の受注額は、前期比8.1%増と2四半期ぶりのプラス。一方、7~9月期の見通しは1.8%減となった。
 調査は6月末に実施されており、足元で拡大している新型コロナウイルス感染の「第7波」の影響はほとんどなかったという。内閣府は「第7波」について「(設備投資の先行きに)当然影響してくる」と動向を注視する考えを示した。
 6月の民需の内訳は、製造業が前月比5.4%増。電気機械からの受注が堅調だった。一方、非製造業は微減。建設業や情報サービス業からの受注減が目立った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集