2022-08-17 08:00地域

コンビニと提携、県産野菜の総菜開発 香川県

 香川県産のオクラやアスパラガスを使用したサラダや総菜など計4品をセブン―イレブンが開発し、四国4県で販売を始めた。商品の開発は、県と同社が2015年に包括協定を締結してから初の取り組み。
 商品は、県産のオクラを使ったそばやサラダのほか、オリジナル品種のアスパラ「さぬきのめざめ」をペペロンチーノ風に炒めた総菜など。オクラは、品質や味に変わりはないものの通常のものより大きく育ってしまった出荷規格外品で、JA香川県から提供されている。各商品の価格は税別230~470円。四国エリア356店舗で4週間販売する予定。
 発表会で商品を試食した浜田恵造知事は「食べ応えがある。今回の取り組みが広く話題を呼んで、多くの皆さまに味わっていただきたい」と述べた。【もぎたて便】

最新動画

最新ニュース

写真特集