2022-08-15 16:42社会

終戦77年、不戦の誓い新た=天皇陛下「深い反省」―コロナで3年連続縮小・戦没者追悼式

 終戦から77年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下や岸田文雄首相、遺族ら992人が参列。戦没者約310万人の冥福を祈り、不戦の誓いを新たにした。天皇陛下はお言葉で、上皇さまが使った「深い反省」との表現を今年も踏襲し、平和への思いを示された。新型コロナウイルス感染防止のため、3年連続で式典の規模が縮小された。
 式典は午前11時50分すぎに始まり、正午に参列者全員で1分間黙とう。天皇陛下は「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」と述べた。今年も新型コロナに言及し、「力を合わせてこの難しい状況を乗り越え、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願う」とした。
 岸田首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この決然たる誓いをこれからも貫いていく」と不戦の誓いを強調。「いまだ争いが絶えることのない」と国際社会の現状を踏まえた上で、「世界が直面するさまざまな課題の解決に全力で取り組む」とした。近年の歴代首相が表明していたアジア諸国に対する責任には触れなかった。
 父が中国で戦死した岡山県高梁市の大月健一さん(83)は遺族代表として追悼の辞を読み上げ、ロシアによるウクライナ侵攻などで「今も私たちのような遺族が生まれ続けている。一日も早く平和な世界が実現するよう祈らずにはいられない」と訴えた。
 厚生労働省によると、この日の参列遺族は計569人。最高齢は95歳、最年少は7歳で、18歳未満は4人。京都、山口、愛媛、沖縄の4府県の遺族代表は欠席した。12日時点の集計では、参列予定遺族592人のうち、戦後生まれは36.3%に上った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集