2022-08-14 23:09スポーツ

下位対決、明暗くっきり=Jリーグ

 試合前の勝ち点差は2。残留争いで大きな意味を持つ一戦は、勢いに勝る清水が快勝した。
 今夏加入した乾、ピカチュウらが順調にチームに順応し、磨いてきたカウンターからゴールを奪った。自信が深まる今季初の連勝で、前節15位から12位まで浮上。終盤まで攻撃をけん引した乾は「選手の質は高い。勝てるチームになりたい」と意欲的だった。
 G大阪は、敵陣深くまでボールを運んでも攻撃が連動しなかった。得点の気配が漂わない中、パスミスからも失点。ちぐはぐな内容で痛恨の1敗を喫し、自動降格圏に落ちた。片野坂監督は「自分たちが招いた結果。悔しい」と話した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集