2022-08-13 21:37スポーツ

意地を見せた森本哲太=高校野球・市船橋

 市船橋は3番の森本哲太が意地を見せた。5点を追う九回。死球と二塁打で無死二、三塁のチャンスを迎え、応援曲「市船ソウル」に合わせて球場が手拍子に包まれる中、打席に立った。
 「1、2番が必死につないでくれた」と気合を入れ、直球を捉えて2点二塁打。さらに好機を広げ、6番谷藤の犠飛で2点差に迫った。
 だが、勝利には届かず「いい流れができていたので悔しい」。それでも、エースで双子の弟、哲星との夢だったという甲子園で2試合を戦った。「2人で最後に(大舞台に)立てたというのは、本当に一生の宝物になる」と明るく話した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集