2022-08-12 12:46World eye

米マクドナルド、ウクライナで段階的に営業再開へ

【AFP=時事】米ファストフード大手マクドナルドは11日、ウクライナで一部店舗の営業を「段階的に」再開すると発表した。2月24日のロシアによる侵攻開始を受け、営業を停止していた。≪写真はウクライナ国内のマクドナルド。資料写真≫
 ポール・ポムロイ国際事業担当シニア・バイスプレジデントは従業員宛ての通達で、「他の企業が安全に営業を再開している首都キーウとウクライナ西部で、一部店舗の営業を再開する」と述べた。
 ポムロイ氏によると、「ささやかでもかけがいのない日常感」を示すことになるとして、ウクライナの従業員から営業再開を求める声が上がっていた。マクドナルドは営業停止期間中も、1万人以上の従業員に給与を支払い続けてきたという。
 ウクライナのドミトロ・クレバ外相はフェイスブックでマクドナルドの発表を歓迎する一方、営業再開には「しばらくかかる」ことを認めた。
 さらに「だが、肝心なのは、政治的な決断が下されたことだ。マックが戻ってくる」「素晴らしい米企業の営業再開は何よりもまず、たとえ戦争中であってもウクライナにビジネスチャンスがあることを国際企業に示すことになる」と続けた。
 マクドナルドは5月、ロシアからの完全撤退と同国事業の売却を発表。ロシアでの事業はもはや維持できないだけでなく、自社の価値観にそぐわないと説明した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集