2022-08-12 13:11経済

東京株、700円超高=米株上昇で買い優勢

 12日の東京株式市場は、前日までの米国株高を受け、幅広い銘柄で買いが優勢となった。日経平均株価の午前の終値は前営業日比660円66銭高の2万8479円99銭と、取引時間中としては1月18日以来の高値圏に上昇。午後の取引で上げ幅は一時、700円を超えた。
 10日の米国市場では、7月の消費者物価指数の上昇率が予想を下回ったことが好感され、主要株価指数がそろって大幅上昇した。11日の米国株は上げ一服となったが、「米国の物価上昇に落ち着きが見られたことで、大幅な利上げへの警戒感が和らいでいる」(国内証券)という。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集