2022-08-11 14:26スポーツ

新天地で勝負の4年目=久保「結果にこだわる」―スペイン・サッカー

 【バルセロナ時事】サッカーのスペイン1部リーグは12日に開幕する。レアル・マドリードからレアル・ソシエダードへ移籍した日本代表MF久保建英(21)にとって、勝負のスペイン4年目となる。
 11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会を挟む特別なシーズン。Rマドリードで一度も公式戦に出場できないまま新天地での再出発を決意した久保は、7月の入団会見で「W杯前に波に乗って、早いうちから2点、3点と取っていけるシーズンにしたい」と意気込んだ。
 Rソシエダードは昨季リーグ戦6位の強豪。定位置獲得への道のりは険しい。強化試合ではゴール、アシストともなし。右FWや右MF、トップ下など複数のポジションで試されている段階だ。
 それでも国内リーグと欧州リーグを並行して戦う過密日程では必ず出番が回ってくる。クラブが初優勝を狙う欧州リーグは久保も意識する大会。長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)が昨季優勝したことを引き合いに、「2人の日本人が勝ち取った。ここにはそのチャンスがあるので、優勝を目指したい」。
 チームの開幕戦は14日のカディス戦。「今年は結果だけにこだわってやっていきたい」。その言葉をスタートから体現したい。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集