2022-08-10 17:17社会

皇后さま、授与式に=ナイチンゲール記章―東京

 日本赤十字社名誉総裁の皇后さまは10日午後、東京都港区のホテルで開かれた「第48回フローレンス・ナイチンゲール記章授与式」に出席された。名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまも同席した。
 同記章は2年ごとに、優れた功績のあった各国の看護師に贈られる。第48回式典は2021年に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。
 今回は18カ国25人が選ばれ、国内からはアフガニスタンで銃撃され死亡した中村哲医師と共に活動した藤田千代子さん(63)と、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」でコロナ救護の総括調整者を務めた苫米地則子さん(58)が受章した。
 例年は皇后さまが直接、受章者の胸に記章を付けるが、今回は感染対策で手渡しに変更。皇后さまは2人に拍手を送った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集