2022-08-10 17:26スポーツ

苦戦のチーム支える勝利=大谷「腕が振れている」―米大リーグ・エンゼルス

 ついにレジェンドの記録に肩を並べた。大谷がアスレチックス戦で10勝目をマークし、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりに同一シーズンの2桁勝利、2桁本塁打を達成。前半戦で9勝を挙げながら、球宴明けに3連敗と足踏みしたが、ようやく快挙を達成した。
 メジャー5年目の今季、初めて開幕投手を務めた。エンゼルスは球団ワーストの14連敗で監督解任もあり、苦しいシーズンとなったが、大谷は快投で何度もチームの連敗を止めた。シーズン序盤には相手に癖を見破られていると感じてフォームを修正するなど、試行錯誤しながら先発陣の中核を担った。
 今季の好調について、体調に不安がない点を挙げる。「自分が思っている通りに腕が振れている。体を動かせるかによって制球も変わってくるので、ゾーン、コーナーで勝負する場面が増えている」。制球が安定し、四球も減った。
 スライダー、スプリットといった変化球の鋭さは抜群だが「直球の球速が上がっている」とうなずく。特に前半戦では、100マイル(約161キロ)を超える直球が投球の軸だった。
 ここまでの5シーズンについて「完全に予定通りということはなかった。けがもあったし、思うようにプレーできないシーズンもあった。ただ、大まかに見ると、いいシーズンが多いと思う」。着実に成長してきた右腕はルースと並び称されるまでの選手になった。 (オークランド時事)
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集