2022-08-10 14:37スポーツ

大谷好投、104年ぶり偉業=通算118号、松井に次ぐ単独2位―米大リーグ

 【オークランド時事】米大リーグは9日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアスレチックス戦に先発投手兼2番指名打者で出場し、6回4安打無失点、5奪三振でメジャー初の10勝目(7敗)を挙げた。1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来、104年ぶりとなる同一シーズン2桁勝利、2桁本塁打。
 打者としては七回に今季25号ソロを放つなど3打数2安打1打点。メジャー通算118本塁打とし、日本選手では松井秀喜の175本に次ぐ歴代単独2位となった。試合は5―1で快勝した。
 カブスの鈴木はナショナルズ戦に4番右翼で出て、9号ソロを放つなど5打数3安打1打点。日米通算1000安打とした。レッドソックスの沢村はブレーブス戦で救援し、1回無失点。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集