2022-08-10 10:01スポーツ

大坂、腰痛め途中棄権=男子の西岡は2回戦へ―女子テニス

 【トロント時事】テニスのナショナルバンク・オープンは9日、カナダのトロントなどで行われ、女子シングルスで世界ランキング39位の大坂なおみ(フリー)は同31位のカイア・カネピ(エストニア)との1回戦を腰の負傷により途中棄権した。第1セットを6―7で落とし、第2セットが0―3となったところでプレー続行を断念した。
 大坂は4月に左アキレスけんを痛め、5月下旬の全仏オープンは1回戦敗退。前週のシリコンバレー・クラシックでツアー復帰を果たしていた。
 前週のシティ・オープンで準優勝し、男子シングルスで世界54位の西岡良仁(ミキハウス)はモントリオールでの1回戦で同104位のベノワ・ペール(フランス)を6―2、6―3で下した。2回戦では世界9位のフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)と対戦。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集