2022-08-09 14:10World eye

反ワクチン派の標的とされた医師が自殺 オーストリア

【ウィーンAFP=時事】オーストリアで先月29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種反対派から嫌がらせや脅迫の標的とされていた36歳の開業医が、診療所内で自殺した。国内には衝撃と怒りが広がっている。≪写真はオーストリア・ウィーンで、新型コロナウイルスワクチン反対派の標的とされた末に自殺したリーザマリア・ケラマヤー医師を追悼する人々≫
 首都ウィーンでは今月1日、リーザマリア・ケラマヤー医師を追悼する集会が開かれ、シュテファン大聖堂の鐘が鳴り響く中、大勢がろうそくをともして故人をしのんだ。
 オーストリア国内は、新型コロナ対策の行動規制をめぐり割れている。特に、政府が義務化を発表し、後に取り下げたワクチン接種に関する対立は大きい。
 ケラマヤー医師は、2021年に相次いだロックダウン(都市封鎖)に抗議するデモを批判したことから、殺害予告を繰り返し受けていた。診療所のあるオーバーエスタライヒ州は、ワクチン接種率がとりわけ低い。
 同医師は生前、「ここ7か月以上ずっと、コロナ対策やワクチン接種に反対する人たちから殺害の脅迫を受けている」と明かし、患者のふりをして診療所を襲撃すると脅すインターネットユーザーからのメッセージを公開。患者の安全を確保するため、10万ユーロ(約1400万円)以上を投じて対策を講じた結果、破産寸前だとも告白していた。
 そして6月末、診療を当面中止すると発表した。関係者によると、ケラマヤー医師は「診療所の外に出るのを恐れる」ほど追い詰められていた。

■コロナ禍があおった攻撃性
 オーストリア医師会のヨハネス・シュタインハルト会長は事件を受け、医療関係者に対する攻撃的な言動は以前からあるものの、COVID-19とワクチンをめぐる議論によって「勢いを増し、明らかに悪化した」と述べた。
 警察は、ケラマヤー医師の保護に全力を尽くしたと主張している。ただ、同医師の生前は、注目を集めるために状況を利用しているとの見方を示していた。
 地元検察当局も、もっと対策を講じるべきだったとの指摘を否定した。
 隣国ドイツ・バイエルン州の検察当局は5日、ヘイトスピーチ専門の捜査班が59歳の容疑者を取り調べていると発表した。
 オーストリアのアレクサンダー・ファンデアベレン大統領は事件後、「脅迫と恐怖に終止符を打とう」と国民に呼び掛け、ケラマヤー医師の地元ゼーワルヘンを訪れて献花した。

■目的は「黙らせる」こと
 しかし、メッセージアプリのテレグラムには憎悪に満ちた書き込みが続いている。
 ネットの偽情報を調査しているジャーナリストのイングリッド・ブロートニヒ氏は、「ケラマヤー医師の死を祝う人や、死因はワクチンだと信じている人もいる」とし、オンラインヘイトを取り締まる「厳格な法律は既にある」が、実際の取り締まりは不十分だと指摘した。
 オーストリアの閣僚からは、検察にヘイトスピーチ絡みの事件専門の部署を設けるべきだとの意見も出ている。
 医師や研究者は、世界各地で標的となっている。新型コロナ関連の偽情報に対抗する医師団の一員として活動し、誹謗(ひぼう)中傷を浴びてきたフランスの感染症専門家カリーヌ・ラコンブ氏は、脅迫に対する当局の対応は不十分だと訴える。
 今年に入ってから公の場への露出を減らしているラコンブ氏は、中傷を浴び続けるうちに「リスクを冒す価値はないと考えるようになる」と、AFPに語った。
 「そういう意味では(攻撃側の)勝利だ。彼らは私たちを黙らせようとしている」【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集