2022-08-08 22:36World eye

「中国料理店があるから台湾は中国」 報道官ツイートに失笑の嵐

【北京AFP=時事】中国外務省の華春瑩報道官が7日夜、台北に中国料理店が多数あることを根拠に台湾の領有権を主張する投稿をツイッターに行い、失笑を買っている。≪写真は中国・北京で記者会見する外務省の華春瑩報道官≫
 華報道官は「百度(バイドゥ)の地図によれば、台北には山東餃子(ギョーザ)の店が38店舗、山西麺の店が67店舗ある。舌はごまかせない。台湾は常に中国の一部だ。長く道に迷っていた子どもも、やがては家に帰る」とツイートした。
 だがネット上では、華氏の論理の穴への指摘が相次いだ。あるツイッターユーザーは、「台北にはラーメン店が100店舗以上ある。つまり、台湾は間違いなく日本の一部だということになる」と書き込んだ。
 「グーグルマップによれば、北京にはマクドナルドが17店舗、ケンタッキーフライドチキンが18店舗、バーガーキングが19店舗、スターバックスが19店舗ある。舌はごまかせない。中国は常に米国の一部だ」と元のツイートをもじった投稿もあった。
 さらに、華氏の論理なら、中国がアジア太平洋を越えた各地で領有権の主張ができるのではないかと冗談半分に指摘する声も出た。
 ある人は、「ロサンゼルス大都市圏には餃子店が29店舗、麺類の店が89店舗ある。華氏の論理に基づけば、ロサンゼルスは常に中国の一部だ」と投稿した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集