2022-08-08 21:57TOPICS

長崎、9日原爆の日=77回目、「核なくすしかない」

77回目の原爆の日を翌日に控え、平和公園を訪れた親子=8日午前、長崎市
77回目の原爆の日を翌日に控え、平和公園を訪れた親子=8日午前、長崎市

 長崎は9日、77回目の原爆の日を迎える。爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、午前10時40分から市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれ、犠牲者の冥福を祈る。
 式典には被爆者や遺族、岸田文雄首相らが参列するほか、米国や中国などの核保有国を含む過去最多となる83カ国の代表が出席する見通し。国連からは中満泉軍縮担当上級代表(事務次長)がグテレス事務総長に代わって参列する。一方、ロシアとベラルーシは招待しなかった。
 田上富久市長は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻により核兵器使用の懸念が強まる中、「核兵器をなくすしかない」と訴える。核保有国に対し、核拡散防止条約(NPT)再検討会議で核軍縮への具体的プロセスを示すことも求める。
 式典では、新型コロナウイルスの感染対策を行った上で、参列者を昨年の約500人から約1700人に拡大。7月末までの1年間に死亡が判明した3160人の名前を記した原爆死没者名簿3冊が奉安され、参列者は原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて黙とうする。死没者数は19万2310人となった。 

最新動画

最新ニュース

写真特集