2022-08-08 19:28スポーツ

しぶとさ見せた高岡商=高校野球

 高岡商はしぶとく戦った。一回、失策の後に5連打を浴びるなどして4点を先制された。二回にも1点を失ったが、近藤主将は「最後に1点勝っていればいい」と諦めなかった。
 三回に3連続単打で1点を返し、四回は2死から2点を追加して2点差まで詰め寄った。最終的には10点差に広がったが、近藤は「前半に粘れた。テーマの完全燃焼を全員で表現できた」と胸を張った。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集