2022-08-08 15:18スポーツ

山梨学院、打力発揮できず=高校野球

 山梨学院は天理の南沢を打ち崩せなかった。今春の選抜は1回戦で延長十三回タイブレークの末、木更津総合(千葉)にサヨナラ負け。この日は九回2死から一矢報いたが、春と同じ1―2で終わった。主将の相沢は「野手陣が点を取り切れず投手に申し訳ない。選抜が終わってからかなりバットを振ってきた。成果を出せず悔しい」。山田、榎谷の好投に応えられなかった。
 吉田監督は「打線には結構自信を持って春も夏も臨んだ」という。山梨大会5試合で72得点を挙げたが、全国で打力を発揮できず「だいぶ失点は抑えられるようになった。何とか甲子園で打てるチームをつくれれば」と、出直しを期した。
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集