2022-08-08 13:42World eye

ライオン増えすぎ…競売で個人に売却へ パキスタン動物園

【ラホールAFP=時事】パキスタンの動物園が、飼育するライオンが増えすぎたとして、12頭を一般の愛好家に売却するオークションを11日に開催する。この動物園には現在、ライオン29頭の他、トラ6頭、ジャガー2頭がいる。≪写真はパキスタンのラホール・サファリ動物園で飼育されているライオン≫
 ラホール・サファリ動物園のタンビール・アフメド・ジャンジュア副園長は、パドック(放飼場)にライオンやトラを交互に出さなければならない状況だと説明。競売によって「より広いスペースを確保できるだけでなく、ライオンの餌代も減る」とAFPに語った。
 自然保護活動家はオークションに反対している。環境保護団体「世界自然保護基金(WWF)」は、動物が増えすぎたなら他の動物園に引き取ってもらうか、避妊措置をとるべきだと指摘する。
 WWFのウズマ・カーン氏は、「動物園が野生動物に値札を付けるようなまねをすれば、取引を促進してしまう。自然保護には逆効果だ」と訴えた。
 パキスタンでは、ライオンやトラなどの大型ネコ科動物をペットとして飼うことがステータスシンボルとされている。裕福な飼い主が写真や動画をソーシャルメディアに投稿したり、映画や広告の撮影に貸し出したりする例は珍しくない。
 競売はライオン1頭当たり15万パキスタン・ルピー(約9万円)から開始予定だが、動物園側は1頭200万パキスタン・ルピー(約120万円)で売却できると見込んでいる。
 購入者は州当局に登録し、適切な飼育環境があることを証明する必要がある。ただ、ラホール・サファリ動物園の獣医師によれば、昨年も競売を試みたものの購入希望者が資格を満たしておらず、失敗に終わった。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集