2022-08-02 00:20国際

サル痘、アジア初の死者か=インドの22歳男性死亡

 【ニューデリー時事】インドの国立ウイルス研究所はサル痘への感染が判明し、死亡した南部ケララ州の男性(22)について、国内初のサル痘による死者と確認した。地元メディアなどが1日報じた。サル痘の死亡例としてはアジア初とみられる。
 男性は滞在先のアラブ首長国連邦(UAE)における検査で陽性が確認され、インド帰国後に治療を受けていたが、7月30日に亡くなった。ケララ州の保健当局が同研究所に検体を送って調べていた。
 州政府高官はロイター通信に対し、「男性は倦怠(けんたい)感と発熱を訴え、7月26日に一度病院を訪れただけだ」と強調。男性に近い関係者が症状を示していないことから、パニックになる必要はないと語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集