2022-07-28 12:03経済/写真

米、0.75%大幅利上げ=2回連続、物価高抑制重視―金融引き締め継続へ・FRB

米政策金利と消費者物価指数
米政策金利と消費者物価指数

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は27日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、前回6月の会合に続き、通常の3倍となる0.75%の大幅利上げを決めた。景気は鈍化しているものの、高インフレに減速の兆しが見えず、異例の金融引き締めで物価上昇圧力を抑え込む。
 利上げは4会合連続。政策金利は年2.25~2.50%となる。決定は全会一致だった。
 パウエル議長は記者会見で「インフレはあまりに高すぎる」と懸念を表明。経済指標次第としながらも、「(9月の)次回会合でさらに異例の大幅利上げが適切となる可能性がある」と明言した。FRBは、インフレが低下する確証が得られるまで利上げを続ける方針だ。
 主要中銀では欧州中央銀行(ECB)が21日に11年ぶりとなる利上げを決定。米金利が今回さらに上昇することで、円安圧力を一段と強め、新興国からの資金流出を加速させる恐れがある。 
 米国では、新型コロナウイルス危機からの景気回復で盛り上がった需要に供給が追い付かず、物価が高騰。ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーや穀物の価格高騰も重なり、インフレ高進に歯止めがかからない状況となっている。
 6月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比9.1%上昇と、約40年半ぶりの高い伸びを記録。FRBは3月以降、急ピッチの利上げに乗り出したが、インフレ圧力は強いままだ。
 一方で、個人消費の勢いには一部で陰りも見えるなど、大幅利上げが景気後退を招くとの懸念が強まっている。パウエル議長は「消費の伸びは大きく鈍化した」と、景気減速の兆候が目立ち始めたことを認めた。1%の大幅利上げも選択肢とされていたが、経済指標を踏まえて上げ幅を0.75%に決めた。
 FRBは、物価押し下げを優先して引き締めを進める構えだが、インフレ対策と持続成長を両立させる政策のかじ取りは「非常に難しい」(パウエル議長)局面に入っている。
 

 ◇FOMCとFRB議長会見のポイント
 一、2会合連続で0.75%の大幅利上げ。政策金利は年2.25~2.50%に
 一、利上げ継続は適切
 一、消費や生産に関する最近の指標は鈍化
 一、FRB議長「インフレはあまりに高すぎる」
 一、議長「9月会合でさらに異例の大幅利上げの可能性」
 一、議長「利上げペースは経済指標次第」

最新動画

最新ニュース

写真特集