2022-07-26 17:35経済/写真

景気「緩やかに持ち直し」=判断上げ、円安・物価に警戒感―7月経済報告

7月の月例経済報告
7月の月例経済報告

 政府は26日、7月の月例経済報告を公表し、景気の全体判断を「緩やかに持ち直している」に引き上げた。上方修正は3カ月ぶり。3月以降、新型コロナウイルス感染者数がいったん減少し、消費や雇用が改善していることを踏まえた。6月判断は「持ち直しの動きが見られる」だった。一方で先行きについては、急速に進む円安や物価高に警戒感を示した。
 記者会見した山際大志郎経済財政担当相は「雇用の上向きの動きが明確となる中、消費の改善が続き、内容にも広がりが見られる」と述べた。
 国内は足元でコロナ流行の「第7波」に直面しているが、政府は感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指す方針。7月報告はこれを加味し、景気の先行きについて「持ち直していくことが期待される」と強調した。
 ただ、先行きのリスク要因として「世界的に金融引き締めが進む中での金融資本市場の変動」を明記。原材料価格の上昇とともに、内外の金利差拡大を背景に進む円安についても注意する必要があるとした。 
 7月の個別項目は、内需の柱の個人消費を「緩やかに持ち直している」に上方修正。旅行や外食、交通が回復傾向にあることを反映した。雇用情勢も、就業率がコロナ前を上回る水準まで上昇しているとして「持ち直している」に引き上げた。
 このほか、輸入を「持ち直しの動きが見られる」に上方修正した。コロナ拡大で停滞していた中国の経済活動が再開に向かっていることなどを評価した。
 一方、生産と輸出、設備投資の判断はそれぞれ据え置いた。

最新動画

最新ニュース

写真特集