2022-07-13 14:20ニュースワード

御嶽山噴火災害

 御嶽山噴火災害 2014年9月27日午前11時52分、長野、岐阜県境にまたがる御嶽山(3067メートル)の山頂南西側の火口列で水蒸気噴火が発生した。飛散した噴石に当たるなどして、登山客ら58人が死亡、5人の行方不明者を出す戦後最悪の火山災害となった。火山について警戒が必要な範囲や住民らの防災対応を5段階で示す噴火警戒レベルは1(平常=当時)で、噴火を受け3(入山規制)に切り替えられた。

最新動画

最新ニュース

写真特集