2022-07-05 11:14社会

9月から移動ATM車運行=愛知県豊橋市〔地域〕

 愛知県豊橋市の豊橋商工信用組合は、無店舗地域の巡回などのため後部に現金自動預払機(ATM)を搭載した移動ATM車を導入した。通常のATMと同様に、入出金や振り込み手続きなどができる。車両は普通免許でも運転可能なワゴンタイプ。職員2人が同行し、地域の側道にも入りやすい、小回りの利くサイズになっている。
 運用は9月から開始し、ATMのない奥三河地区(新城市、東栄町、設楽町、豊根村)を中心に巡回する予定。停車する場所は今後各市町村と相談していく予定だが、高齢者も利用しやすい、町営温泉や道の駅などが候補に挙がっている。同信組の中村勝彦理事長は「まずは1台のスタートだが、今後増やしていきたい」と語った。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集