2022-07-05 01:35社会/写真

台風4号、九州北部上陸の恐れ=きょう午前にも、大雨警戒―高知県西部で「線状降水帯」・気象庁

台風4号の予想進路(4日15時現在)
台風4号の予想進路(4日15時現在)

 台風4号は4日夜、九州の南西海上を北上し、5日午前にも九州北部に接近、上陸する可能性が高まった。九州や四国を中心に大雨になる所があり、気象庁は西日本と東海では6日にかけ、大雨による土砂災害や河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要。
 4号は5日午後から6日朝にかけては四国や近畿の太平洋側から東海・関東沖に進み、温帯低気圧に変わる見込み。
 北海道から関東甲信、北陸にかけても大気の状態が不安定になり、局地的に激しい雨が降った。これは暖かく湿った空気が太平洋高気圧の縁を回るように流れ込む一方、上空に寒気が入ったため。
 気象庁は5日午前0時40分ごろ、顕著な大雨に関する情報を発表。高知県西部では「線状降水帯」が発生し、非常に激しい雨が同じ場所で降り続いて土砂災害や洪水の危険が急激に高まっているとして、安全確保を呼び掛けた。
 4号は5日午前0時、長崎県五島市の南約90キロの海上を時速20キロで北東へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。東側185キロ以内と西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 5日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国250ミリ、近畿200ミリ、九州南部180ミリ、九州北部と東海150ミリ、北海道と東北、関東甲信、奄美80ミリ、北陸60ミリ。
 その後、6日午後6時までの同雨量は、近畿と東海200~300ミリ、四国100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ、北陸50~100ミリ。
 西日本(中国除く)と東海で5日に予想される最大瞬間風速は25メートル、波の高さは3~4メートル。 

最新動画

最新ニュース

写真特集