2022-07-04 17:34政治

「発足10年、初心忘れずに」=片山新長官が就任会見―原子力規制庁

 1日付で原子力規制庁長官に就任した片山啓氏(59)が4日、記者会見し、「今年は原子力規制委員会・規制庁が発足して10年の節目の年。東京電力福島第1原発事故の反省、教訓、初心を忘れず、規制する立場から継続的な安全性向上を追求していきたい」と抱負を述べた。
 片山氏は経済産業省出身。2011年の福島第1原発事故の際、旧原子力安全・保安院で首相官邸や東電との情報連絡などを担当した。事故前の規制について「重大事故が起きる前提で考えていなかった。特に(地震や津波など)自然ハザードの脅威に向き合えていなかった」と述べた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集