2022-07-04 14:06World eye

太陽光パネル搭載 EVソーラーカー、1日70キロ走行可

【パリAFP=時事】電気自動車(EV)に太陽光パネルを搭載したソーラーカーの生産に、スタートアップや大手自動車メーカーが乗り出している。≪写真はスペイン北部トゥデラで披露されたソーラーカー「Lightyear 0」≫
 照り付けるスペイン北部の太陽の下、新興メーカー、ライトイヤーが打ち出した「Lightyear 0」は、ボンネットとルーフに設置した5平方メートル相当の太陽光パネルから得られる電力により、1日当たり70キロの走行が可能だ。
 空気抵抗が少ない流線形の車体デザインとインホイールモーター(ホイール内側にモーターを配置しタイヤを直接駆動する仕組み)を採用した「Lightyear 0」の消費電力は、SUVタイプの電気自動車よりも少ない。
 同社によると、充電式バッテリーの航続距離は625キロ。1日の走行距離が短い場合、充電が必要となるのは冬季だけだ。
 「Lightyear 0」はハイエンド市場をターゲットにしており、生産台数は1000台前後。販売価格は25万ユーロ(約3500万円)で、英高級車「ベントレー」に匹敵する。
 その一方で2024~25年には、価格3万ユーロ(約420万円)程度の量産モデルの発売も目指している。
 EV販売が急成長を遂げる中、トヨタ自動車、テスラ、メルセデス・ベンツなどの大手メーカーからも太陽光パネル搭載EVが続々と打ち出される予定だ。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集