2022-07-04 12:59TOPICS

中ロ軍艦艇が接続水域航行=尖閣周辺、中国は4年ぶり

記者会見する木原誠二官房副長官=4日午前、首相官邸
記者会見する木原誠二官房副長官=4日午前、首相官邸

 木原誠二官房副長官は4日の記者会見で、中国海軍の艦艇が同日朝、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行したとして、中国側に抗議したことを明らかにした。また、防衛省幹部によると、ロシア海軍の艦艇も同じ時間帯に付近の接続水域を航行した。日本政府は中ロによる同時挑発とみて警戒を強めている。
 木原氏によると、4日午前7時44分ごろ、海上自衛隊が監視中だった中国海軍のジャンウェイII級フリゲート艦1隻が、魚釣島南西の接続水域に入った。中国海軍艦艇が尖閣周辺の接続水域を航行したのは、2018年6月以来で4回目。同艦は約6分後に接続水域を出たという。
 また、ロシア海軍艦艇は午前7時すぎから同8時すぎにかけて同海域を航行した。 

最新動画

最新ニュース

写真特集